ブログ BLOG

当院の一般歯科

痛みに配慮した治療

歯科治療に対してマイナスなイメージをお持ちの方は多くいらっしゃいます。
そして、できれば行きたくない場所という印象が強く、むし歯が進行して痛みに耐えられなくなってから来院されるケースが多いです。
そのため、当院では、痛みが苦手という患者さんのために、麻酔を用いた治療を行っています。麻酔を使用する時は、麻酔針を刺した時の痛みを軽減する表面麻酔を塗布して、麻酔注入時の痛みも抑えています。痛みが不安だという方も一度ご相談ください。

表面麻酔

電動麻酔器

細い針の使用

できるだけ削らない、
抜かない治療

むし歯になってしまったら削れば大丈夫とお考えの方は多いかと思いますが、実は、削れば削るほど歯は弱くなり、むし歯になる可能性が高くなってしまうのです。そして、一度削ってしまった歯は、二度と元には戻りませんので、当院では患者さまの天然歯を大切にしており、削る歯の量を必要最小限に抑えるように心がけております。
悪くなってしまった箇所だけを確実に削り、進行が進んでいないむし歯に関しては、削るかどうかの判断も的確に行います。

かなやま歯科をもっと身近に