ブログ BLOG

むし歯予防

ブラッシング指導

むし歯になりやすいのは、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、歯の溝です。
磨き残しがないように小さい頃から、正しい歯みがきの仕方を身につけておくことで、永久歯が生え揃ってからもむし歯のない健康な状態を維持しやすくなります。
そのため、当院ではお子さんの年齢や歯並び、生え変わりの状況などに応じたブラッシング指導を行っています。

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗ることで、むし歯菌の付着や繁殖を防いだり、歯を強化することができます。
フッ素は大人よりお子さんの歯に使用するほうが、効果が出るといわれていますが、それはお子さんの歯が大人の歯よりもむし歯になるリスクが高いからです。
お子さんのむし歯予防のためにも、定期的にフッ素塗布を行いむし歯への抵抗力を高めましょう。

シーラント

お子さんの奥歯の溝は複雑に入り組んだ形になっており、食べかすなどの汚れをなかなか歯ブラシでは落とすことができず磨き残しが発生してしまいます。
この奥歯の溝を埋めるために使用するものが、シーラントです。
その溝を埋めることで、汚れが溜まりにくくなるため、むし歯を予防することができます。

かなやま歯科をもっと身近に