ブログ BLOG

ボトックス注射の流れ

01 問診・カウンセリング
治療前に、まずは患者さんの口腔内の状態をしっかり確認していきます。その他にもお困りごとや気になる症状についても詳しくヒアリングさせていただいた上で、適切な方法をご提案していきます。
02 視診

視診では、以下の3つの確認を行います

1.エラの張り

歯ぎしりなどを日常的に行っている場合、咬筋の筋肉トレーニングを常に行っている状態となるため、必要以上に咬筋が発達してしまい、顎や歯にかかる負担が増えてしまいます。

2.骨隆起

歯ぎしりなどを日常的に行っている場合、歯ぐきにボコッとした硬い膨らみができます。骨隆起のでき方や量によってその方の特徴がわかる場合もあります。

3.咬耗

咬耗は噛みしめなどが原因で歯がすり減ってしまう状態のことをいいます。重度の場合、歯が短くなる、割れるなどの症状がでる場合があります。

03 知覚過敏検査
普段、歯ぎしりなどをされる方の場合、歯が欠けて知覚過敏の症状がでる可能性があります。施術前に高圧のエアーや水をかけて痛みを感じる箇所がないかを確認していきます。
04 レントゲン撮影・診断
患者さんの口腔内をより詳しく把握するためにレントゲン撮影を行っていきます。歯並びや顎関節など治療に関係する部位をチェックし、患者さん一人ひとりの口腔内の状態に合わせた施術を検討していきます。
05 筋電計検査
当院では、表面筋電計を導入しています。患者さんの噛む力をリアルタイムでグラフ化することで、より詳しく状態を把握することができ、治療前の細かな調整などを行うことが可能となります。
06 診断とご説明
カウンセリング内容やレントゲン画像、検査結果を元に患者さんに治療方法に関する最終確認を行っていきます。費用や治療に伴うリスクのご説明はもちろん、患者さんが感じている不安や気になる点についても、一つ一つお答えしていきます。
07 ボトックス注射
当日、患者さんの口腔内の状態に問題がないか、再度確認を行った上で施術を開始していきます。表面麻酔が効いていることを確認後、ボトックス注射を行っていきます。※施術時にお顔にマーキングをさせていただくペンはすぐに落とせるものになっていますが、お化粧をされている方は一緒に落ちてしまう可能性がございます。ご了承ください。
08 アフターケア(1ヶ月後)
施術後は1ヶ月に1度、当院までお越しいただき経過の観察をしていきます。その際に施術後の症状の変化やお困りごとに関してヒアリングさせていただき、必要に応じて治療を行っていきます。

注意事項

(下記の方は注射を
お受け出来ない場合があります)

  • ・妊娠中、授乳中の方
    妊娠する可能性のある婦人は、投与中及び最終投与後半年程度は避妊する。
    男性は、投与中及び最終投与後半年程度は避妊する。
    ※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。
  • ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴の
    ある方
  • ・全身性の神経筋接合部の障害を持つ方
    (重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症等)
  • ・ドクターの説明によりインフォームドコンセントを得られなかった場合

かなやま歯科をもっと身近に