口腔外科 SURGERY

口腔外科について

親知らずの抜歯など
お口の
中のお悩みはご相談ください

口腔外科では、親知らずの抜歯、顎関節症の治療、外傷治療など口腔内の外科的処置を行います。
様々な疾患が対象となる口腔外科では、症状を引き起こす根本的な原因を正確に把握することが大切です。
当院ではCTを使用した精度の高い治療を提供しておりますので、奥歯や顎の痛みなどが気になる方は一度お気軽にご相談ください。

このような場合はご相談ください

  • 親知らずを抜歯したい
  • 顎がカクカク音がする
  • 口の中をケガしてしまった
  • 口内炎が痛い
  • 口の中に出来物ができた

親知らずの抜歯

周囲の歯に影響を及ぼす親知らずは
抜くことをおすすめします

親知らずとは、一般的に17〜30歳頃に生えてくる一番奥の歯のことをいいます。
親知らずによって、抜いた方が良い場合と抜かずに残す方が良い場合があります。
抜いたほうがいい親知らずを残しておくと、噛み合わせが悪くなり、肩こりや頭痛などの原因になる可能性があります。
また、横向きに生えている歯と正常に生えている歯が重なり、磨き残しが起こりやすくなり、むし歯や歯周病の進行を早める場合があるので注意しましょう。

顎関節症

口を開けると音が鳴る場合は
注意が必要です

口の開け閉めなど顎を動かした際に、痛みが生じたり、音が鳴ったりする症状が出る方は、顎関節症の可能性があります。
主な原因は、無意識による歯ぎしり・くいしばりや骨であると言われています。
顎関節症は重症化すると、ひどい頭痛や肩こり、めまいなどに繋がるとも言われています。
治療方法は、噛み合わせを調整したり、マウスピースの装着で改善していきます。自覚症状がある方は、お早めに当院へご相談ください。

かなやま歯科をもっと身近に