インプラント治療なら熱田区金山のかなやま歯科

インプラント IMPLANT

インプラント治療について

歯を失ってしまった場合に
行う治療です

歯を失ってしまう原因は、むし歯や歯周病、事故やスポーツ外傷など様々です。
失ってしまった歯は2度と元には戻りません。
今までは、失ってしまった歯の代わりに行う治療は、入れ歯や差し歯が一般的でしたが、最近ではインプラントを選ぶ人が増えてきています。
インプラントは他の歯に負担をかけることなく、自分の歯と同じように噛むことができる治療方法です。
入れ歯やブリッジに抵抗がある方や、今使っている入れ歯が合わない方など、お気軽にご相談ください。

このような場合はご相談ください

  • 歯周病で歯がボロボロになっている
  • ブリッジや入れ歯を迷っている
  • 歯を失ってしまった
  • 入れ歯が合わない
  • 入れ歯がすぐ外れる

他の治療との比較

インプラント

ブリッジ

入れ歯

審美性 天然歯に近い美しい仕上がりになる 保険適用外のものであれば、天然歯に近い仕上がりになる 保険適用の入れ歯は目立ちやすく審美性は劣る
違和感 少ない 少ない ある
他の歯への
影響
影響なし 周囲の歯に影響あり 部分入れ歯の場合はバネをかける歯に影響あり
外科治療 手術が必要 不要 不要
費用 自費診療 保険適用 保険適用
治療期間 治療期間が長い 短期間で治療ができる 短期間で治療ができる

より正確な
インプラント治療のために

歯科用CTによる正確な診断

インプラント治療を正確に尚且つ安全に行うためにCT撮影はとても重要です。
通常のレントゲンは2次元ですが、歯科用CTは、3次元の立体的な画像で診断ができますので、患者さんの細かな骨の幅の確認まで行うことができます。
CTを導入し、精密な検査を行ったり、治療後もCTを使用して経過観察を行うなどしています。

信頼性の高いインプラント
メーカーを使用

インプラントメーカーは数多くあり、世界に200種類程度存在すると言われています。
より安心・安全なインプラント治療を行うためには、歯科医師の技術や経験も大切ですが、信頼性の高いメーカーのインプラントを選ぶことも大切です。
当院では現在、高品質で信頼性が高く歴史もあるノーベルバイオケア社(Nobel Biocare)の製品を採用しています。

インプラント周囲炎に
ならないために

メンテナンスの重要性

インプラント治療後はインプラント周囲炎に気を付けましょう。
インプラント周囲炎にならないために、毎日の歯みがきと歯科医院での定期的にメンテナンスをするように心がけましょう。
もちろん、喫煙などの生活習慣を見直すのも重要です。
インプラント周囲炎は発症すると、通常の歯周病よりも進行が早いため、特に注意が必要です。
綺麗に治療した歯を失う前に定期的にメンテナンスをしましょう。

費用について

インプラント診断 55,000円
1次オペ 220,000円
上部構造(ジルコニア) 110,000円
ステント 55,000円

※費用は税込表記です。

お支払い方法

お支払いは現金の他、クレジットカード、
QRコード決済に対応しています。

クレジット
カード
QRコード決済

かなやま歯科をもっと身近に