ブログ BLOG

歯ぎしり・食いしばり
増加中

コロナストレスで歯ぎしり・
食いしばりが増加しています

最近、「歯ぎしりや食いしばりで顎が痛い」という内容のお問い合わせが急増しているため、歯科医院の視点からご説明いたします。例年の歯ぎしりや食いしばりのお問い合わせは、気温が低くなり無意識に筋肉が緊張する冬の時期に増える傾向がありました。しかし、近頃は「新型コロナウイルスの影響で心身にストレスがかかり無意識のうちに食いしばりをしてしまっている方がすえているんではないか」と考えています。 歯ぎしりや食いしばりの大きな原因の一つはストレスですが、むし歯での痛みや不正咬合、高さが合っていない枕を使用することなども原因になります。

歯ぎしり・食いしばりの原因

不正咬合(正常でない歯並び)

噛み合わせが均一でない場合や、高さが合わないことにより不快感・異物感を生じてしまい、歯ぎしりや食いしばりをしてしまうことがあります。

むし歯などで痛みがある

痛みが生じるために噛みたくないところを避けて噛んでいると顎のずれが生じるようになります。これが歯ぎしりや食いしばりの原因となる場合があります。

枕の高さがあっていない

高さが合っていない枕を使用すると睡眠中に歯が噛み合ってしまい、顎に圧力がかかります。そのため、噛みしめる癖がついてしまいます。

ボトックスによるガミースマイルの
治療

笑った時に歯ぐきが過度に見えてしまう状態をガミースマイルといいます。原因として、上唇の周囲の筋肉が強すぎるため上唇があがりすぎてしまい歯ぐきの露出に繋がると考えられています。治療としては、ボトックスを小鼻の脇に数か所、左右均等に注入し、上唇の周りの筋肉の挙上する力を弱め、笑った時に上唇が過剰に引っ張られてしまうのを抑えていきます。ガミースマイルでお悩みの方は、ぜひご相談ください。

かなやま歯科をもっと身近に