ブログ BLOG

セラミックによる
メタルフリー治療

金属を使用しないメタルフリー治療を
おすすめしています

むし歯を削った場合は、詰め物や被せ物は銀歯やレジンという歯科用プラスチック素材を使用することが多いですが、メタルフリー治療では審美性や機能性が高いセラミックを使用します。
セラミックは、天然の歯と変わらない見た目、質感でむし歯の再発や歯肉の炎症リスクも低くなります。
また、金属を一切使用しないため金属アレルギーの方も安心です。
銀歯をセラミックに変更したい場合もお気軽にご相談ください。

審美補綴治療の種類

e-max

e-maxとは、セラミックだけを使用した白色の素材を用いた色も天然歯に近い補綴物のことをいいます。金属の使用はなく、金属アレルギーの方も安心です。また、吸収性がないため変色もしにくく、長期的に美しい状態を保つことができます。強度にも優れているため、耐久性が良いです。

ジルコニア

ジルコニアはとても丈夫で白く、透明感のある素材です。割れたり欠けたりする心配もほとんどありません。強度が強いので奥歯の治療にも適しています。また、プラーク(汚れ)が付きにくいという利点もあります。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けた補綴物です。生体親和性は高く、セラミックの透明感と金属の強度で、審美性と耐久性を両立します。ですが、金属を使用しているため、金属アレルギーの方は注意が必要です。

かなやま歯科をもっと身近に