ブログ BLOG

入れ歯の種類

レジン床義歯

保険適用の入れ歯です。歯茎と入れ歯が接する部分を床と呼びますが、素材がレジンでできているものをレジン床義歯と呼びます。レジン床は、プラスチック素材のため、強度がある上に、費用負担も少ないといったメリットもあります。ですが、噛み心地が悪くなりやすい、食べ物の熱が伝わりにくく食事の味がわかりづらいなどといったデメリットもあります。

金属床義歯

保険適用外で、土台となる床の部分に金属を使用した入れ歯です。レジン床義歯と比較すると薄く製作することができます。そのため熱伝導がよく、食べ物の温度が感じやすいというメリットがあります。ですが、金属を使用しているので、金属アレルギーの方は注意が必要です。

ノンクラスプデンチャー

クラスプと呼ばれる金属の留め具がない部分入れ歯のため、入れ歯を装着していることがわかりづらいのが特徴です。また、歯を固定するための装置、床部分がやわらかい素材でできているため、装着時の違和感もほとんどありません。

かなやま歯科をもっと身近に