ブログ BLOG

インプラント治療とは?治療の流れは?

金山駅徒歩5分で通える歯医者「かなやま歯科」院長の宮園達也です。

よく患者様から、

  • インプラントってなに?
  • 他の治療と何が違うの?
  • インプラントってどんなことをするの?

と聞かれるので、ブログにしようと思います。

 

インプラント治療とは?

インプラント治療とは

インプラント治療とは、虫歯や事故、ケガなど何らかの原因により失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め混んだ後にかぶせ物をし、人工の歯を作る治療のことです。

よく「インプラント」と言うことがありますが、厳密にはインプラントとは身体に人工的な物を埋め込むことを言います。
歯科に用いるインプラントは「デンタルインプラント」と言いますが、近年歯科治療でのインプラントが一般的になったことによりデンタルインプラント=インプラントと言われるようになってきました。当サイトでもインプラントと記載させていただきます。

 

インプラント治療と従来の治療方法の違い

失った歯の従来の治療方法は、「ブリッジ」や「入れ歯(義歯)」と言う治療方法で行うことがほとんどでした。

 

ブリッジ治療

ブリッジ

ブリッジ治療では、両隣の健康な歯を削って一体化したかぶせ物を行います。
入れ歯に比べれば固定されるため、噛む時に違和感が少ないことが特徴ではありますが、健康な歯を削ってしまうのが欠点です。

噛むと言う行為はとても強い力が歯と顎にかかります。なんと奥歯1本にかかる負荷は体重に等しいとまで言われています。
ブリッジでは、両隣の歯に1.5倍の負荷がかかるためせっかく健康な歯が痛みやすくなってしまい、最終的には健康な歯がダメになってしまった場合、さらに広い範囲のブリッジが必要になります。

また、歯根のない部分の骨は噛むことによる刺激がないため、徐々に痩せてきてしまいます。

 

入れ歯(義歯)治療

デンチャー

入れ歯(義歯)治療では失った歯の部分に人工的な義歯を作成し、バネなどで隣の歯と固定します。
ブリッジ治療に比べ両隣の歯を多く削る必要がないため健康な歯へ与える影響は少ないことが特徴です。

しかし、入れ歯治療では歯根がないため、欠損部分の歯肉やバネをかけた両隣の歯で噛む力を負担します。柔らかい歯肉では十分に噛むことができず、健康な歯の40%程度の力しか発揮されないと言われています。

また、残っている健康な歯が移動してしまうため、しっかり合わせて作った入れ歯も次第に合わなくなり作り直す必要があります。

噛み心地が悪かったり、違和感・バネなどの人工物が見えてしまうなどの機能的・見た目的にも欠点があります。

 

インプラント治療

インプラント治療とは

インプラント治療では、独立した歯を手術によって作ります。そのため残った健康な歯への負担を最小限に抑えることができます。顎には天然歯と同じようにインプラントを通して刺激が伝わるため骨の変形も少ないと言われています。

残っている健康な歯を大切にし、残したいと思っている方におすすめです。

ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。

 

インプラント治療の流れ

インプラント治療は精密な検査などが必要な為しっかりとカウンセリングを行い、その後精密な検査を行った上で治療させていただきます。

 

①カウンセリング

 

患者様によってお口の悩みは違うため、カウンセリングにより悩みをしっかりと聞き治療方法を決めていきます。

 

②CT撮影・精密検査

インプラント治療を正確・安全に行うためにCT撮影を行います。
通常のレントゲンでは2次元ですが、歯科用CTは3次元の立体的な画像で診断を行うことができるため、患者様の細やかな骨の幅の確認まで行うことができます。

 

③初期治療・治療方法の説明

検査結果をもとに患者様に治療方法の説明をさせていただきます。

 

④1次オペ(インプラントの埋入)

歯茎を開き、顎の骨に穴をあけます。その穴にインプラントを埋め込み歯茎をとじます。

 

⑤治癒期間(3〜6ヶ月)

骨とインプラントがしっかり結合するための治癒期間(3〜6ヶ月)を設けます。

 

⑥2次オペ(アバットメント装着)

インプラントと骨がしっかりと結合したら、再度歯茎を開き、インプラントの頭を出しアバットメントの装着を行います。アバットメントとは歯の土台となる部分にあたり、人工歯を外すと歯茎に埋まった部分です。

 

⑦型取り・装着

かぶせ物を作るための型取りを行い、完成したら装着します。
お手入れなどの注意点もお伝え致します。

 

⑧定期検診・メンテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期検診を行い歯とお口の中の健康を守っていきましょう。

 

インプラントにご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

かなやま歯科をもっと身近に